「日本人は子どもの習い事から100%吸収させようとしすぎ」?!#STAY HOME 期間で考えたこと学んだこと①

月曜日に、いわゆる「駐在妻」のサポートをされているグループ主催のオンラインカフェに参加し(詳しくは以前取材もさせていただいたコチラ)、お互い今の状況について色々とおしゃべりをする中で、アメリカ駐在中&ふたりのお子さんのママである女性のお話がとっても印象に残りました。

子どもの習い事でも”真面目にがんばりすぎる”日本人?!

オンラインレッスンについて、外国人の友人から言われた一言

お子さんのオンライン授業や習い事についての話題の中で出たのが、アメリカでできた台湾人のお友達からのアドバイス。5歳のお嬢さんが習っているオンライン英会話に毎回付き添っていたそうですが、「日本人は子どもの習い事から100%吸収させようと頑張りすぎ。ある程度子どもを信頼して、レッスンは1人で臨ませた方がいい」と言われたそうです。

その後、試しにお嬢さんひとりで受けさせて隣の部屋から様子をうかがっていたところ、普段自分が横にいる時よりも自主性を持って話しており驚いたといいます。もちろんお子さんの年齢や個性によって向き不向きはあるとは思いますが、こんなやり方もあるのか!と目からウロコで、親が隣で怖い顔をしたり、プレッシャーを感じさせたりするよりも良いのかもしれないと実感したというエピソードでした。
他にも、習い事の宿題について親が質問してくるのは日本人だけ…など、色々な国籍・人種の方々と共に暮らしているからこそのお話がありました。

「オンラインレッスン、親がついていないと無理!」…は思い込み?

もともと私自身はオンラインで語学レッスンを受けていましたし、自粛期間が長引く中で子ども達の習い事もオンラインに移行するものが増えてきました。また最近、5歳の娘にオンライン英語レッスンを受けさせてその体験記事を書く仕事などもお受けしたこともあり、親子共にそれなりに色々なオンラインレッスンを受けてきました。
ただその中で感じたのは、オンラインの場合やはり途中で子どもたちの集中力が途切れがちだということ。特にピアノのレッスンなどは鍵盤の位置や楽譜が先生に見えるようにカメラの位置などをキープしたいと(勝手に)考え、結局私がずっと付きっきりでやるスタイルが定着していました。

「親が見ていない方が意外と子どもはしっかりやる」というのはよくある話。私がついていなきゃダメというのは、私自身の勝手な思い込みなんだなということ感じました。

子どもを信じて任せることの大切さを改めて実感

1人の方が、子ども本人ものびのび楽しめるのかも?

もちろん年齢が低い場合や子どものタイプに応じて、ある程度親が学びを促したり応援したりすることがは必要だと思います。でも、仮にたとえちょっと困ったことがあったとしても「子ども自身で何とかする」ことも大切な練習。親主導になりすぎることよりも、子どもを信じて任せる大切さを改めて感じました。親自身の「やるからにはちゃんとやらせなきゃ」みたいな強い想いは、行き過ぎると逆効果になるのかもしれないと自戒の念を込めて感じた出来事でした。

もうひとつ「”駐在妻”が海外で直面する問題と、自粛の今の状況は似ている?」と思った出来事については、また次回!

著者プロフィール

ライター 佐々木 はる菜
ライター 佐々木 はる菜
小学生と幼稚園児の兄妹を子育て中のママライター。人気女性誌のwebサイトでのコラム連載を中心に、国内外のトレンド、暮らしや子育てについて幅広く執筆中。
こちらのサイトでは、未経験&子育て中だった私がどうしてライターになったか、フリーランスママライターの実情やこぼれ話、これから目指していきたい新たな働き方や、現在延期中の海外転勤関連情報などを発信していきます!

女性目線 ママ目線のライターお探しなら

ライター 佐々木はる菜
取材記事、書籍編集、コラム・エッセイ、企業広報やSNSの中の人、Webライター、個人HPのライティング・・・女性目線・ママ目線に強いライターをお探しの方、佐々木はる菜にお任せください。どうぞお気軽にお問合せを。