娘6歳BD!プリンセスケーキを一緒に「簡単」手作り

プリンセスケーキって?

ドレス部分をケーキで作る可愛いお菓子

画像1
毎朝6時起床の子ども達が起き出す前に飾りつけ!

先週、下の娘が6歳の誕生日を迎え、週末に家族でお誕生日パーティーをしました。
今回は、「ケーキを一緒に作りたい」という娘の希望をもとに色々考え、プリンセスケーキを手作り☆

アイシングクッキーなどでプリンセスを作り、そのスカート部分をドーム型のケーキにし、お気に入りのプリンセスのドレス色のクリームでデコレーションするというもの。もともとは海外で人気を集めていたところからSNSでも話題になっていたそうで、私は某レシピサイトを参考にアレンジしました。

簡単に作る場合、スポンジやクリームは市販のものを

娘は生クリームは苦手、チョコクリームしか食べられないため、食紅などを使ったカラフルなケーキにはできませんでした。

現在夫は海外でワンオペ、特にお菓子作りが得意というわけでではなく、他にも好物も作らなければなず、”一緒に作る”部分を重視…ということで(言い訳かな笑)、手を抜くところはばっちり抜き、スポンジもクリームも市販のものを活用しちゃいました。

でもおかげで私に余裕もでき、みんなでワイワイデコレーションして楽しかったです!

プリンセスの上半身部分は、アイシングクッキーなどの他に、本物のお人形を使う方も多いようですが、我が家は娘と一緒に100均の塗り絵で作り、ラップでコーティングしました笑

画像2
プリンセスは、100均の塗り絵を娘に塗ってもらい、切り抜いてラップしました☆

スポンジ・生クリーム・果物をボウルに

画像3
簡単な料理などは一緒に作る事もあるので、包丁使いはだいぶ慣れてきました!

プリンセスのイラストサイズに合わせて、12cmのボウルにラップを敷き、その上にスポンジを敷き詰めていきます。

私が買った市販のスポンジは2等分にカットされていたため、手元には計4枚の薄いスポンジが。そのうち2枚はそれぞれ6等分にカットしました。

まず丸型の1枚をボウルに敷き、ボウルの側面に沿ってカットした12個の△型のスポンジを互い違いに並べます。そしてその中に、クリーム・果物を順番に重ね、残った丸型のスポンジ1枚で蓋をし、ラップで包みます。
これでスカート部分の土台の完成!

ドレスをクリームで飾りつけ!

画像4
デコレーションは8歳兄も参加!

余裕があれば3~4時間寝かした後、待ちに待った飾りつけ!
我が家は娘の事情により茶色いドレスになりましたが(笑)、レシピを調べていると水色、黄色、ピンクとカラフルなケーキがたくさん出てきて可愛かった!

一度全体にクリームを塗った後にウエスト周りにボリュームを出すこと、あとは大き目のアラザンがあると、華やかになるなと感じました。

6歳女の子が喜ぶプレゼントは?

リカちゃんは、特別モデルをチョイス⭐️

画像5

最近ハマりだしたリカちゃんや、兄が得意なリップスティックなどなど、私達から以外にも双方の祖父母や親戚からもたくさんのプレゼントをいただき感謝ばかり…リカちゃんVERYモデルは、おしゃれで可愛くて私や祖母も大喜びでした♥(LEEのライターですが笑)

ブラジルに駐在中の夫は、娘に会いたさが募っているのか、可愛いヘアアクセなどを細かく何度もAmazonで贈ってきて可愛いやら切ないやら…愛が伝わってきました。

画像6
パーティーメニューは、おしゃれさには欠けます子どもリクエスト好物ばかり用意。

誕生日当日が平日の場合の手軽なお祝い

ケーキ風のお弁当が定番⭐️

ちなみに平日だった誕生日当日は、早朝にサプライズ飾りつけ&誕生日ケーキ風のお弁当でお祝いしました。負担ない範囲で色々工夫して喜ばせるのは楽しいなと感じます。

画像7
当日は、近所のケーキ屋さんでピースで好きなケーキを購入♪

ちなみに以前こんな記事も書き、LINEニュースのトップに取り上げていただきました☆

https://chiik.jp/articles/9TUqj/
photo by author (129328)

おしゃれとダンスとお絵かきが大好き、一緒に書道を習う仲間でもあり、おませで頭の回転が速い娘は、一緒におしゃべりしたりお出かけしたりしていて楽しい存在。
いつまでも幼く、愛すべき宇宙人である長男とはまた違った存在で、時に辛辣な一言にぐさっと刺されたりもしつつ支えられています(「ママ、もうちょっときちんとお化粧した方がいいよ」とか…)。

仲が良いだけに兄妹喧嘩が絶えないふたりでもありますが、共に仲良く元気に成長してくれるといいな♥

最後までお読みいただきありがとうございました!
今週も素敵な1週間をお過ごしください☆

著者プロフィール

ライター 佐々木 はる菜
ライター 佐々木 はる菜
小学生と幼稚園児の兄妹を子育て中のママライター。人気女性誌のwebサイトでのコラム連載を中心に、国内外のトレンド、暮らしや子育てについて幅広く執筆中。
こちらのサイトでは、未経験&子育て中だった私がどうしてライターになったか、フリーランスママライターの実情やこぼれ話、これから目指していきたい新たな働き方や、現在延期中の海外転勤関連情報などを発信していきます!

女性目線 ママ目線のライターお探しなら

ライター 佐々木はる菜
取材記事、書籍編集、コラム・エッセイ、企業広報やSNSの中の人、Webライター、個人HPのライティング・・・女性目線・ママ目線に強いライターをお探しの方、佐々木はる菜にお任せください。どうぞお気軽にお問合せを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。