海外転勤延期になった私の、悪くない1年【渡航13・12週間前】

「コロナ禍で海外転勤が延期」という我が家は、今年の先の見えない状況を体現している一例なのではないかと思います。
ただその中で自分の生き方について改めて向き合い、今後目指していきたい方向がよりくっきりとした1年でもありました。

2020年末、そんな1年を振り返ってみました。

まずは、振り返って思いついた「今年の出来事」

ブラジルにいる夫からプレゼントが…

ちなみに昨日突然、私宛に夫から荷物が届きました。中身はなんと、Apple Watch!!

年末にかけて書きたい記事も山積み、同時進行で船便の引っ越し荷物準備や作業も進めていた12月。それらが無事落ち着いたら今度は今までで一番の不安に襲われていた私。(詳しくは…「海外転勤延期中のモヤモヤ②【渡航15・14週間前】」

ひとりでよくがんばってくれたね…という気持ちで一所懸命選んでくれたそうで(夫も一人でがんばってくれているのですが)、本当に嬉しかったです。

冬休みの日々は素敵なお友達のおかげで屋外メインに楽しく過ごし、子ども達と賑やかに年末を迎えている我が家。凧揚げにハマり中。

転勤延期が、新たな挑戦や出会いのきっかけに

・海外転勤準備スタート
・ピラティス&筋膜リリースクラスとの出会い、毎週通っていた整体に行く必要がなくなる
・3月、休校期間スタートと共に夫が渡航。ワンオペ自粛期間のスタート…
・夫、新型コロナにより一時帰国
・先が見えないからこそ、今できることをやりたい!自分と向き合い、今後の生き方を考えたい!→以前取材させていただいて以来ずっと興味を持っていた 日本ママ起業家大学へ!
・6月から半年ほどで5kg、健康的にダイエット
・ライフワークのひとつとして取り組んでいきたいママ起業家のインタビュースタート
・LEE本誌で特集を初担当!初めての挑戦で失敗もあり、久々に徹夜までして全力投球
・7月に正式に開業届を提出
・9月に夫だけまたブラジルへ戻る
・発信力強化を目指し、note、Twitterもスタート

LEE連載で特に心に残っている記事は?

今年もLEEwebでの連載を中心に様々な記事を書かせていただきましたが、中でも自分にとっても転機やきっかけになった記事をご紹介します。

自粛期間中

「外出しづらい状況が続く中での工夫やリアルな感想などを記事にしてほしい。」LEE編集部の方からそんなお言葉をいただいたことがきっかけで書いた記事。7歳5歳の兄妹と一緒に家で過ごす私自身の試行錯誤に加え、海外子育て中の友人を含む周りのママたち、そしてこれまで取材でお世話になった皆さま、子どもの習い事の先生など、たくさんの方に素早くご協力をいただいたおかげで1日で書き上げることができ、さらに完成30分後には公開が決まるというスピード感も嬉しかった!

その後、ワンオペ自粛生活で煮詰まったリアル失敗談を記事にしちゃったこちらは、長らく人気記事にもランクインし、私自身も励みになりました。

初めての本誌特集担当!頭の中がサブスクだらけ…

LEE10月号、本誌特集「グルメなサブスク」を担当☆白黒2ページですが、実際に人気のサービスを10個以上取材させていただき、個人的には3回くらい徹夜を重ね完成させた(笑)想い出深い記事。こちらはそのスピンオフ記事です。

本誌は、各サービスのおすすめポイントだけでなく、よく耳にするようになったものの「そもそもサブスクってなんだっけ…?」というギモンに改めてお答えしたり、最近「食のサブスク」が注目を集めている理由をインタビューしてきたりと、「グルメなサブスク」の魅力がギュギュっとまとまった特集(だと思う)に!

こちらも忘れられない取材。
海外勤務の夫について25年間海外で暮らし、17年間の専業主婦生活の後、「給食のおばちゃん」から5つ星ホテルの幹部にまで登りつめ、著書「専業主婦が就職するまでにやっておくべき8つのこと」は、NHKでドラマ化もされ大きな話題となった薄井シンシアさんの新プロジェクトを記事にさせていただきました。

フェムテック、性教育…これからも知識を深めていきたい分野

従来の生理用品は一切必要なく、穿くだけでOKという画期的な製品で、女性はもちろん、特に家族や身近に女の子がいらっしゃる方は是非知って頂きたいアイテム。こちらも長らくランクイン!LEEのランキングでも5位に入っていました☆

先立ってクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で行われていた先行予約販売は公開から終了までの45日間で、計9,063名の方から総額1億円以上の支援金を集める結果となったことなど、開発の背景もぜひ知ってほしい!

年間120回以上、全国の小・中・高校にて講演、思春期外来で診察もされている産婦人科医高橋幸子先生(サッコ先生)。「幼いうちから性について正しく伝えることにはメリットしかない!」と感じさせてくれる素晴らしい本について、そしてサッコ先生へのインタビューについて前後編で書かせていただきました。

先生の想いの素晴らしさ、子育てする上でできるだけ早めに知っておきたい情報だと感じたことなどから、何度も何度も試行錯誤を繰り返し仕上げた記事。こちらも徹夜気味で頑張りました(笑)
性教育とは幸せな人生を送るために大切な知識、「ライフスキル」。ぜひ多くの方に読んでほしい1冊です。

LEEwebのランキングで初めて1位に!

おしゃれでサステナブルな編み物キットを世界でオンライン販売する【we are knitters】。欧米で編み物ブームを引き起こすスペイン発ブランドで、8歳5歳兄妹が初めての編み物体験を記事にしました。

こちらは12月に入ってからPRの方から直接アプローチいただいたことがきっかけ。キットはスペインから取り寄せ、プライベートでは船便発送準備もありいっぱいいっぱいでしたが、私自身もぜひ記事にしたい!とギリギリのスケジュールの中で進めました。

結果的には、なんと滅多にとれないランキング1位!編集部の方からもご連絡いただいたりと、大変思い出深い記事になりました。このnoteを書いている12月30日現在もまだ、ランクインしています♥

他にもたくさんありますが…記事制作のためにお世話になった方々、そして貴重な時間を使って読んでいただいた皆さまに、心から感謝申し上げます。

先が見えない中で、ベストを尽くす1年に

今朝、朝ランした時のモヤモヤしつつも明るさを感じる空は、まさに今の私の心境!(笑)


来年の目標も色々ありますが、まず腹をくくったのが「先が見えない状況」がますます顕著になりそうだということ

でも年末にかけて悩んだ通り、その中でもその時々のベストを尽くすこと。そのために自分たちの心身を整えておくこと。
そしてそれを重ねることで未来を切り拓いていきたいし、そういった発信を続けることで、微力ですが、同じような状況の方が共感したり元気になってくれたりしたら嬉しいなと感じています。

今年も1年本当にありがとうございました✨
皆さま元気で、良いお年をお迎えください。そして、来年もよろしくお願いいたします!

著者プロフィール

ライター 佐々木 はる菜
ライター 佐々木 はる菜
小学生と幼稚園児の兄妹を子育て中のママライター。人気女性誌のwebサイトでのコラム連載を中心に、国内外のトレンド、暮らしや子育てについて幅広く執筆中。
こちらのサイトでは、未経験&子育て中だった私がどうしてライターになったか、フリーランスママライターの実情やこぼれ話、これから目指していきたい新たな働き方や、現在延期中の海外転勤関連情報などを発信していきます!

女性目線 ママ目線のライターお探しなら

ライター 佐々木はる菜
取材記事、書籍編集、コラム・エッセイ、企業広報やSNSの中の人、Webライター、個人HPのライティング・・・女性目線・ママ目線に強いライターをお探しの方、佐々木はる菜にお任せください。どうぞお気軽にお問合せを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。