ブエノスアイレスでタンゴショー!駐在妻ならではのおすすめは?/アルゼンチン観光

VIPゲストも大満足の「タンゴショー」を観るならば?

アルゼンチン駐在中!観光でおすすめのタンゴショーについて

ブエノスアイレスのタンゴショーの様子

アルゼンチン、そしてブエノスアイレスといえばやはり「タンゴ」!
約1か月前にブエノスアイレスに住み始めた我が家ですが、運よく既に2回タンゴショーを観に行く機会に恵まれています。

しかもその1回は、夫の会社のVIPの方々をお招きするための下見へお付き合い(笑)
おかげで「ここを観ておけば間違いない!」という場所を知ることができました。

まだまだ住み慣れてはいないからこそ、観光者目線を踏まえておすすめのタンゴショーをご紹介していきたいと思います。

ディナー&タンゴショーが楽しめる「タンゲリーア」

ブエノスアイレスのタンゲリーア

「タンゲリーア」とはタンゴショーを楽しむことのできるお店のことで、食事をしながらショーを鑑賞することができます。

お店はサン・テルモ地区という場所に多く、劇場は大きさも雰囲気も様々。システムなどもお店によって異なるそうですが、だいたいディナーの開始が20時、ショーは22時ごろからと日本人からするとちょっと遅めの時間帯スタートで、終了は夜中の12時ごろになります。

タンゴショーを楽しむ家族の様子
ドレスアップしている方もいますが、ドレスコードはあまり厳しくない印象。我が家はブラジルからの異動引っ越し荷物がまだ到着しておらず、かなりカジュアル…

送迎付きのタンゴツアーがおすすめ

人気のお店ほど予約は必須で、特に旅行で訪れる場合は様々なツアーを用意している旅行会社に手配してもらうと、宿泊先のホテルまでバスで送迎してくれるので安心だと思います。
ショーが終わる時間になると、劇場の周りは送迎バスでごった返すほど!
そして送迎がない場合は必ずタクシーで帰宅することをお勧めします。

ブエノスアイレスでも最大級の劇場「Tango Porteño」

立地も外観も舞台ももとにかく華やか!

ブエノスアイレスでも最大級のタンゴ劇場「Tango Porteño」タンゴポルテーニョ

我が家が今回VIPおもてなしの下見で足を運んだのは、ブエノスアイレスでも最大級の劇場「タンゴ・ポルテーニョ」!
世界三大劇場でもあるコロン劇場と、31日という速さで完成した67mの巨大な塔オベリスコの間にあるタンゲリーアで、まず入口からしてきらっきらで目を惹きます。

画像
タンゴポルテーニョ、オベリスコ、コロン劇場の様子
左の塔がオベリスクコ、右上がコロン劇場です。

食事~ショーまで同じ場所で楽しめる

タンゲリーアの多くはまず食事をしてからショーを楽しみます。

タンゴポルテーニョの食事の様子

こちらではドリンクは飲み放題で、食事は前菜4種類、メイン6種類、デザート4種類から選ぶスタイル。家族4人で色々試しましたが全て美味しく、食事中にタンゴダンサーたちとの写真撮影サービスなどもありました(有料かつ観光地価格ですが)。

ミュージカルのように楽しめる舞台

タンゴポルテーニョの舞台の様子

ショー自体も、タンゴそのものの魅力はもちろん、舞台セットも華やかでシーンごとにどんどん変わるなど演出も飽きさせずミュージカルのような雰囲気も。
大人から子どもまで楽しむことができる内容で、「ブエノスアイレスでタンゴショーを観た!」という満足感は高いと思います。

タンゴポルテーニョのフィナーレの様子

最後のフィナーレでは、ダンサーやバンドの皆さんだけではなく、給仕をしてくださったスタッフの皆さんたちも登場し、最後までザ・エンターテインメント!という舞台でした。

ステージが間近に!「El Viejo Almacén」

ブエノスアイレスを代表する歴史ある劇場

ブエノスアイレスの老舗のタンゴ劇場「エル・ビエホ・アルマセン」「El Viejo Almacén」

一方まだアルゼンチンへの異動を知らなかった昨年末、当時住んでいたブラジルから旅行でブエノスアイレスへ訪れた際に訪れたのが、老舗の劇場「エル・ビエホ・アルマセン」。
古くから使われていた建物を改築したこぢんまりとした雰囲気のある劇場です。

まずは別建物のレストランで食事

エル・ビエホ・アルマセンの正面のレストラン

こちらはまず、劇場の真向いにある素敵なレストランに通され、そちらでゆっくり食事を楽しみます。
レストランの内部にはタンゴにまつわる装飾品など様々なものが飾られており、格式高い雰囲気ながらもスタッフの皆さんはとてもフレンドリー。小学生の子ども連れでも、気を使うことなくリラックスして食事することができました。

エル・ビエホ・アルマセンの食事の様子

ステージが近く、迫力が印象的

食事を終えて劇場に異動すると…

画像

まず驚いたのが舞台の近さ!

エル・ビエホ・アルマセンの舞台の様子

この劇場はダンサーたちの質が高いと評判だそうですが、1階席の場合はそのダンサーたちが舞う姿を本当にすぐそこで楽しむことができます。
そして私たちが座った2階席の場合は、近い距離で上から舞台全体を見渡すことができるため、タンゴらしい巧みな足さばきやアクロバティックな動きなどをよく観ることができ、とにかく迫力がありました。

ショーが始まった後も、引き続き飲み放題。おつまみなど軽食を頼むこともできます。大人っぽい雰囲気の劇場ですが、子連れはもちろん、赤ちゃんと一緒に観劇されているご家族もいて素敵だなぁと感じました。

もっと知りたい、タンゴの魅力

タンゴショーにくる95%は「外の人」

エル・ビエホ・アルマセンのタンゴの様子

もちろんこういった劇場のショーはもちろん観光客がターゲット。
アルゼンチンに根付くタンゴの魅力は他にもたくさんあるとは思うのですが、今回ご紹介した2つの劇場は、旅行などで訪れた際に足を運ぶにはうってつけだと感じます。

夫の会社で働くアルゼンチン人の方曰く、こういったショーを観る95%は「ブエノスアイレスの外から来ているの人」。
街に住む現地の方は、もちろん音楽などタンゴそのものは好きだけれど、実際に踊る人は限られているし、若い人の中にはあまり興味がないという方も多いそう。

そしてメディアやコンテストなどで私たち外国人が目にしているアルゼンチンタンゴの多くもまた「観光用」のもの。
本当のタンゴ愛好者が集まる場所で踊られるタンゴは、高齢者の方でも踊ることのできる優雅なものなのだとか。

次はタンゴを習ってみたい!

タンゴショーの様子

現在は世界中で親しまれ、2009年にはユネスコの世界無形文化遺産に登録されたタンゴ。

また日本の知人でも、タンゴのダンス用のヒールが大好きと話すおしゃれな方がいて、そういったタンゴにまつわるカルチャーそのものも気になっています。

タンゴ発祥の地、カミニートやボカの様子
アルゼンチンタンゴが生まれたのは、ボカ地区。サッカーはもちろん、カラフルな街として人気を集める「カミニート」など見どころたくさん!

年末の旅行の際には19世期後半にタンゴが生まれた地ボカにも訪れたので、骨折が習ったら是非タンゴを習いに行ってみたいと考えています!

著者プロフィール

ライター 佐々木 はる菜
ライター 佐々木 はる菜
現在は夫の海外転勤に同行し、小学生の兄妹と共に家族でブラジル在住。集英社「LEEweb」や企業HPでのコラム連載、時事通信社「時事ドットコム」での特集記事など、女性目線・ママ目線に強いライターとして国内外のトレンドや社会的な取り組みなどを幅広く執筆。丁寧な取材に基づく等身大の体験記事、インタビュー記事、実体験をもとにしたコラムに定評がある。出産離職や海外転勤など自身の経験から「女性の生き方」についての発信がライフワーク。著書にkindle「今こそ!フリーランスママ入門」。

丁寧な取材、女性&ママ目線に強いライターをお探しなら

ライター 佐々木はる菜
取材・インタビュー記事、コラム・エッセイ、書籍編集、企業広報やSNSの中の人、Webライター、HPのライティング…女性目線・ママ目線に強いライターをお探しの方、お気軽にお問合せください。素敵な出会いをお待ちしております!