読者ブロガーもきっかけに!未経験×子育て中→フリーランスライター/海外でも仕事を続ける自由な生き方への感謝

海外在住フリーランスライターという生き方を選んだきっかけ

現在は夫の海外転勤同行で家族でアルゼンチンに

私は今、夫の海外転勤に伴い家族でアルゼンチンに住みながらフリーランスライターとしてお仕事を続けています。

フリーランスライターという道を選んだ理由はひとつではなく、例えば出産離職や海外転勤など様々な要素が重なっての選択でした。

詳しくは…

ブラジルへ海外転勤!コロナ禍で延期など「先が見えない状況」も人生のプラスに【駐妻ライター佐々木はる菜の 海外で見つけた「暮らしのヒント」Vol.1】

ただ、このライフスタイルを選び取るにあたって大きく背中を押してくださったのが、集英社の雑誌「LEE」で、もう5年以上LEEwebで連載を続けています。(これまでの連載はコチラ

元はLEE大好きな読者!読者ブロガー「LEE100人隊」経験も

そんなLEEが創刊40周年を迎えました。

もともとはLEEが大好きなひとりの読者だった私。もう10年近く前のことですが読者代表のブロガー「LEE100人隊」としてお世話になっていたこともあります。

画像
LEE100人隊時代の記事。当時4歳と1歳だった子どもたちは、現在11歳と8歳に!

この10年、ひとりの読者として、そしてライターとして、ありがたいことに近い場所でLEEを見てきた私は、勝手ながら自分のことを、読み手と作り手の間にいる存在ではないかと思っています。

結婚・出産を経てライフステージが変化した後の人生をたくさん支えていただいてきたLEEへの心からの感謝とお祝いの気持ちを込めて、そんな私だからこそ書ける記事を書きたいと考えました。

LEEは、読者が欲しい情報を読者以上にわかっている!

LEEにはいつの時代も変わらずに暮らしを楽しく豊かにしてくれる情報がたくさんあります。そしてさらに、そのヒントを時代の変化に合わせ、今の私たちにぴったりな形にして届けてくれていると感じます。

私たちが今欲しい情報を読者以上にわかっている大きな理由、それはやはりLEEが「読者の本音」を捉えているからだと思います。

LEEと読者の関係を語る上で外せない、各方面から注目を集める読者ブロガー「LEE100人隊」についてや、ライターになってからの経験も交えながら、なぜ世の女性たちにこんなに長きにわたり支持されているのか考えてみました。

画像
100人隊時代のパーティーの様子なども懐かしい写真を探してきました。同じ価値観を共有する「読者代表」と言える存在の発信を、17年も前から大切にされてきたこと。SNSが日常に欠かせなくなった今だからこそ尚更、時代に先駆けていると感心してしまいます。

そして、そんなLEEに影響を受けた私が、なぜ今の様にライターになったのかにも触れています。

LEEと出会い人生変わった海外在住ライターが思う、LEEが長年愛され続ける理由/LEE創刊40周年【駐妻ライター佐々木はる菜の 海外で見つけた「暮らしのヒント」Vol.12】

自分の生き方に迷っていた時期を支えてくれたのもLEE

ライターとして先が見えない中、「LEE」への憧れに支えられた

今もまだまだ学ぶことばかりですが、私がライターを志した10年前は、自分にライターとしてのキャリアも少なく、一方で周りで活躍されているライターの先輩たちは経験も知識も豊富な方々ばかり!
さらに「フリーランス」という生き方も今ほど認知されておらず、全く先が見えない中でした。

それでもやっぱりこの仕事をしたい!とがむしゃらに頑張れたのは、ずっと大好きだったLEEの世界を垣間見させていただき、素敵な編集部の方々にお会いできたからこそだと思います。

画像
LEEで記事を書くようになって数年経った頃に担当した本誌誌面の記事で、改めてLEEの取材量のすごさに圧倒されたエピソードなども!

最初は副業的にライター修業!毎朝2~3時起き

ライターとしての経験を積みたいものの子どもたちもまだ小さく、遠めの別々の保育園・幼稚園に通わせ、時短で会社勤めもしながら、毎朝2~3時に起きて記事を書くなど最初は副業的にライターを頑張っていた時代や、いつも温かく見守ってくださった編集部の皆さんとのエピソードなど、書きながらこの10年間の出来事を懐かしく思い出しました。

結婚・出産を経てライフステージが変化しただけでなく、子育てや仕事、そしてコロナ禍や海外転勤等含め、本当に色々なことがあった私のこの怒涛の10年間は、公私共にLEEなくしては語れません。
ライターを仕事にして生きていきたいという想いの背中を押してくださったことに、今でも常に感謝しており、今回の記事は私にとって忘れられないものになりました。

画像
読者時代を含め、これまで何度か取り上げていただいた誌面も懐かしい!

祝・「LEE」創刊40周年!

そんなLEEと私は、実は同じ1983年生まれで同い年でもあります。

これからのLEEのますますの飛躍を心から応援しつつ、そこで執筆の機会をいただく者として、同じく40歳を迎えたこれからも精進し、目の前の日々を楽しみながら自分なりの豊かな暮らしを目指して行けたらと思っています。
これまでお世話になった全ての方に心からの感謝したいです。

↓3部門1位をいただいたkindleも発売中です!
華々しいキャリアから独立したわけではなく、産後に自分の中途ハンパさについてさんざん悩んだ末、ライター未経験&子育て中という状況からスタートした私のリアルなエピソードを書かせていただきました!


著者プロフィール

ライター 佐々木 はる菜
ライター 佐々木 はる菜
現在は夫の海外転勤に同行し、小学生の兄妹と共に家族でブラジル在住。集英社「LEEweb」や企業HPでのコラム連載、時事通信社「時事ドットコム」での特集記事など、女性目線・ママ目線に強いライターとして国内外のトレンドや社会的な取り組みなどを幅広く執筆。丁寧な取材に基づく等身大の体験記事、インタビュー記事、実体験をもとにしたコラムに定評がある。出産離職や海外転勤など自身の経験から「女性の生き方」についての発信がライフワーク。著書にkindle「今こそ!フリーランスママ入門」。

丁寧な取材、女性&ママ目線に強いライターをお探しなら

ライター 佐々木はる菜
取材・インタビュー記事、コラム・エッセイ、書籍編集、企業広報やSNSの中の人、Webライター、HPのライティング…女性目線・ママ目線に強いライターをお探しの方、お気軽にお問合せください。素敵な出会いをお待ちしております!