コロナ後再開のApple store体験談、待ち時間や活用方法は?

給付金100,000円でiPadを購入しようと思っていた我が家。6月3日に営業が再開したApple Storeに足を運んでみたところ、思ったように入店や相談ができずびっくり!
同じようにiPadなどの購入を検討している方が周りにも多いので、参考までに私の体験談をまとめてみました☆

想像以上の待ち時間

実際の商品は見られない

私たちが足を運んだ時は、まず列が予約あり・なしで二手に分かれていました。
並んでいる人数的には各列が5、6組で長蛇の列とまではいかない印象だったので、最後尾に並び検温。ただその後、購入商品が決まっていないと中に入れないと言われます。

今回私は、iPad Proシリーズの11インチと12.9インチどちらにするかを悩んでおり、実物を見比べ、使う目的などをスタッフの方に話し、それぞれのメリットなどを伺った上で購入できればいいなと思っていました。

しかし外で行列に対応しているスタッフの方の話を聞くうちにわかったのが「商品を見たり触ったりすることはできない」「店内に滞在できるのは15分だけで、その間に購入まで済まさないといけない」という事。
途中で対応する方が変わったこともあり、そこまでわかるのに30分以上かかり、さらには「店内に入れるのは早くて2時間後」、しかも「欲しい商品の在庫は品薄」と判明しました。

方針は理解できるけど、最初に言って欲しかった…

スタッフの方は暑い中対応を頑張っていらしたし、感染防止の観点からデバイスを触ることができない、店内の人数や滞在時間に制限を設けるという事は理解できます。

ただ子連れで暑い中40分近く並んだ身としては、待ち時間など含めて最初にもう少し説明をしてくれたら、そもそも並ばなかったのに~!というのが本音でした。

Apple Store来店時の、個人的なオススメ

各店舗で対応も違う

その後SNSの口コミなどをチェックしてみると、どうやら店舗によっても対応が異なる様子。

予約がないと入店すらできなかった

修理の予約をしていても時間通りに入れなかった

予約ありでも数時間かかった

…など様々なエピソードが出てきました。

並ぶ前に目的を細かく確認すること

今となっては私たちもリサーチ不足だったなとも感じますが、詳細の対応については現時点では公式サイトにも明言されていないと思います。

来店する場合は、「商品の購入を検討している」といったざっくりした希望ではなく、最初から「この商品とこの商品を実際に見てからどちらかを決めたいと思っているけれど可能か」といった具合に、自分が店舗でしたいことをはっきり伝え、それが叶うかを確認した方が良いと思います。

我が家の選択は家電量販店→ネット購入

量販店の場合は、実物に触ることができた!

参考までに我が家の場合…。

その足で近くの家電量販店へ行ってみたところ、Apple製品のコーナーにはかなりの人だかり!同じような状況の方がこちらに流れているのでは…とつい思ってしまいました(笑)
こちらでは商品を実際に触ることができましたが、ただかなりの三密状態で店員さんもなかなか捕まらず。

情報収集に使った、お勧め雑誌

結局その日は、前から夫がチェックしていたiPadの特集をしている雑誌を購入しました。

こちらが非常にわかりやすく、そこに書かれている情報と量販店で触った感覚をもとに商品を決定し、今後ネットで購入する予定です。

まとめ

  • Apple Storeに来店する場合は、目的の事前確認がマスト!
  • 個人的オススメは、雑誌で情報収集→量販店で実物チェック→ネット購入

オンライン化や給付金等を背景に、ご自身やお子さん用にiPadなどを検討しているという話は周りでもよく聞きます。

リサーチ不足が招いた私たちの失敗談、何かの参考になれば幸いです!

著者プロフィール

ライター 佐々木 はる菜
ライター 佐々木 はる菜
小学生と幼稚園児の兄妹を子育て中のママライター。人気女性誌のwebサイトでのコラム連載を中心に、国内外のトレンド、暮らしや子育てについて幅広く執筆中。
こちらのサイトでは、未経験&子育て中だった私がどうしてライターになったか、フリーランスママライターの実情やこぼれ話、これから目指していきたい新たな働き方や、現在延期中の海外転勤関連情報などを発信していきます!

女性目線 ママ目線のライターお探しなら

ライター 佐々木はる菜
取材記事、書籍編集、コラム・エッセイ、企業広報やSNSの中の人、Webライター、個人HPのライティング・・・女性目線・ママ目線に強いライターをお探しの方、佐々木はる菜にお任せください。どうぞお気軽にお問合せを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。